評判のNICの転換教育


日本の教育システムと海外の教育システムは、
相反するものとよく言われます。
そして、そのシステムが顕著に出てくるのが大学の授業です。

一般的に、日本の教育が“暗記型”なのに対して、
海外の教育は“対話型”という自分自身で考える教育が主体になっています。
そのため、普段から“暗記型”に慣れてしまっている私たちが、
海外留学をするには相当な努力が必要になってきます。
海外留学の専門学校であるNIC international college in japanには、
“暗記型”から“対話型”に変えるためのカリキュラムが評判となっています。

NICでは、この教育を『転換教育』と呼び、評判を呼んでいます。
原則的にNICで行われるカリキュラムの全てを英語で行い、
「なぜ、そうなるのか?」「それに対してあなたはどう思うか」といった、
“個”を大切にする教育が行われ、評判となっています。

こういった評判の教育をNICで積み重ねることによって、いざ海外の大学に留学しても、
言葉の問題や教育方針の違いにぶつかることなく授業を受けることができます。
実際にNICで『転換教育』を受けて海外の大学へ留学していった学生たちは、
現地で自分自身の能力や才能を大きく伸ばし、
より充実したキャンパスライフを送ることができているとのこと。

海外の大学のカリキュラムにスムーズに入り込めることで評判のNICの『転換教育』こそ、
海外留学を望む私たちには必要なのかもしれません。